インナーセルフ療法

 インナーセルフ療法は悩みを解決したい人(クライアント)で、自分に向き合うだけのゆとりの持てる人ならほとんどの人に適応できる心理技法である。骨子はシンプルなので治療者側にとっても会得しやすく用いやすいものである。ブリーフセラピーとして用いるととても有効であり、慣れてくれば自分一人で内界の自己イメージとやりとりもできて役立たせることもできる。

 この心理技法は私が過去に既存の催眠療法に飽きたらず何かもっと手応えのある万人に用いることのできる催眠療法はないかと工夫している中からまとまってきたものである。そして特に催眠療法を希望するクライアントに、自分の否定してきた部分と向き合いコンタクトをとる手法としてこのやり方をメインの催眠療法技法として多用してきた。

 インナーセルフ療法と名づけたのは私だがその中身はすでにある心理技法の三種類をくっつけてまとめてみたのであって、私のオリジナルなところはほとんどない。その三種の心理技法とは「催眠イメージ面接法」と「インナーチャイルド療法」と「フォーカシング」である。

1, インナーチャイルド療法との違い

 インナーチャイルド療法は着眼点がよくてわかりやすく便利な心理療法である。今現在の心の問題をたどっていけばその原因やきっかけの根本は幼少時代に遡ることはちょっと本格的な心理療法となれば必然ともいえる流れである。

 インナーチャイルド療法でない普通のカウンセリング場面でも、自分の内面に向き合ってもらおうとした場合、クライアント自身が自然に過去にさかのぼっていき、そこに子供イメージが登場する場合は多々ある。そして過去に傷ついた心(インナーチャイルド)を癒やすことが今現在のあり方を変えることに繋がるのである。自己の内面をインナーチャイルドとしてイメージ化することは自分の内面との関わり方がわかりやすくなり、癒したり、成長させたりがやりやすくもなる。

 しかしインナーチャイルド療法は当人の実際の子供時代の自分に限定されていて、創造的な自由さが少ない。実際の子供時代に限定してしまうことで無意識の自然治癒力の働きをも限定してしまのである。インナーセルフ療法ではインナーチャイルド療法のように実際の幼少期時代の子供に限定しないので、より内界の自由な無意識的発想からの自己イメージが出現、展開しやすくなる。例えば、次の節で述べる鶴先生の催眠イメージ面接の事例では子供(インナーチャイルド)ではなくて大人の自分イメージが最初から登場している。自己イメージを実際の子供時代のイメージに限定せず、もっと広くしつらえる狙いから「インナーセルフ療法」と名づけてみた。

 もうひとつ、残念なことにインナーチャイルド療法は自分の内面(インナーチャイルド)を一方的にコントローしようとしすぎている。インナーチャイルド療法の創案者ジョン・ブラッドショーの著作に『インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法』というのがある。その中の交流分析と自己催眠イメージを使ったエクササイズを例にとってみると、そこには「インナーチャイルドに新しい許可を与える」などと、まさに親が子供をしつけて育てていくパターンと同じ手法をとっていて、そこに現れたイメージをこちら側からコントロールしていこうとし過ぎである。良い点がいっぱいあるのだが操作的すぎる。

 実際の親が子供自身のペースや自主性を無視して、親の期待を押し付けすぎることはインナーチャイルドが問題を持つようになる大きな要因のひとつである。それなのに下手するとそれの二番煎になりかねない。

 その辺りを乗り越えるためにインナーセルフ療法では「それと共にいる」とか「寄り添う」などの態度を重要視するフォーカシングを基本にして過度に操作的にならないようにしている。また、そうすることでよりイメージの自律的な展開も出やすくなる。「このようになっていくのでは・・」などという予測にこだわったり、結果を出さねばと無理してしまうような姿勢に当てはまらない、ユニークな解決方法がイメージの展開から出てきやすくなる。

 自然治癒力の働きを信じていると、子供イメージ自体が治癒や解決に向かって変化していくのである。例えば、子供イメージが現れたにしても、はじめは色がなかったり銅像のように固まっていたりする場合だってある。それが次第に色がついてきたり柔らかく人間らしくなってきたりとイメージ自体で自律的に展開していったりもする。

2, 催眠イメージ面接法 鶴先生の事例から

 私がインナーセルフ療法を思いつくヒントになった催眠イメージ面接法の事例で催眠療法の権威である鶴光代先生が1992年に現代のエスプリの中に出されたものがある。

 対人緊張に悩むOLのAさんに鶴先生は「自分がわかる」というイメージ暗示を与え、彼女は自分は広い部屋のなかに一人でいて身を固くして座っている。自分であることはわかるが他人を見ているようでピンとこない。そのイメージが次第に展開されて、確かに私自身だと実感が生じ泣きはじめた。とある。また催眠の覚醒後に、自分のことはわかっているのだけど分かりたくない気持ちがあって、ずっと目をつぶってきた。初めて自分を見ることができたような気がすると語っている。鶴先生は論理性や合理性を要求しないイメージの世界で自己に向き会えたからこそ、理屈抜きの実感として自分がわかるという体験をなしていったと推察できる、とまとめている。

 鶴先生の指定は「自分がわかる」というものだが、この事例ではその指定に対して自分イメージが登場している。けれども考えてみれば鶴先生の「自分がわかる」指定は漠然としていて自己イメージをストレートに呼び出すにはピッタリの言葉ではない。そこで私は鶴先生の発言にもあるような「クライアントにイメージの世界で自己に向き合う」という体験をしてもらうために「心のなかにいる(もうひとりの)自分に出会ってみましょう」などと指定するようにしてみた。それによって鶴先生のこの事例と同じように心理療法のエッセンスである(自分と向き合う)ということが「催眠イメージ面接」で、よりハッキリとできるようになったように思う。

3, フォーカシング的関わリ方

 催眠療法は基本的には指示的でクライアントを強くリードするため、クライアントの一番良い方向への治癒の流れや自立心を阻んでしまう危険性がある。催眠の構造上からも、今までの自我のあり方を一旦ゆるめて自己の一部を再統合するような本格的な心理療法が成立しにくくもある。

 成瀬吾作先生が提案した「催眠イメージ面接法」はクライアント自身のイメージ展開を基本にしていてその辺りを乗り越えようとしている。また水島恵一先生はより非指示的にクライアントのイメージに共感的についていくという「イメージ面接」を催眠を用いないままで開発している。けれども両者ともに治療者側の対応に、これといった筋やまとまりがないので治療者個々人のセンスや裁量によってその成否に大きな差が出てしまうのである。

 この問題点を克服するのに最適なのがフォーカシングである。催眠療法家自身がフォーカシング的対応を用いることができるようになることで、いたずらに指示的になりすぎたりクライアント自身の自己治癒への適切な流れを阻む危険性を乗り越えることができるのである。また、イメージ面接法ではまれにクライアントのイメージ展開が拡散してしまって収集つかなくなる場合があるのだが、フォーカシングの技法の中にはその事態にとても適切に対応できるものがある。

 そのフォーカシングの一番の良いところは『見(守)る』フォーカシングでいう『プレゼンス状態』ということである。プレゼンス状態についてはフォーカシングトレーナである阿世賀 浩一郎先生のいう『(内的に対象化し得るすべての)「傍(かたわ)らに、たたずんでいてあげられること』というのがピッタリくる。それは実は冷静な観察でもある。

 ゲシュタルトセラピーの創始者パールズも彼の著作のどこかで言っていたが、人は客観的な観察の直後に自我の価値観である「良い悪い快不快」などの判断を即座に入れる癖を持っている。そのくせに陥らないために、具体的には「見るに徹する」ことにより思考が思考を呼ぶループが断ち切れるし、自己の一体化している所から離れることもできる。

心理療法の壁としてまず乗り越えねばならないのはこの思考のループから抜け出ることである。言い換えると「~すべき」から「~したい」への転換であるが、ここを乗り越えないで心理学的な価値判断を知的に理解しただけの身体の変化の乏しい、レベルの低い心理療法が未だにある。

 もうひとつの壁は、ある価値観に一体化してしまっているがために自分と向き合えないでループし続ける心理療法となってしまうことである。これらを乗り越えるには非指示的なカール・ロジャーズのカウンセリングが一番よいのであるが、非指示的すぎるために利便性がない。でもそのカウンセリングから派生したフォーカシングには利便性があってだれもが用いやすい。ちょっとだけ指示的だが融通がきいてクライアントに自分でできるようにと教えたりも出来る。そして先に述べた思考のループや自分に向き合えないループを乗り越えるための技法がシッカリとある。

 フォーカシングではフェルトセンス(直訳すると感じられた意味。自分の内でまだハッキリとは象徴化できてはいない感覚)を「からだの感覚」「感情的な特質」「生活への関わりまたは物語」「イメージまたはシンボル的なもの」というように見ている。インナーセルフ療法は「催眠イメージ面接法」を発展させたものではあるが、フォーカシングでいえば、イメージ又はシンボル的なもの(視覚イメージ)をメインに置いた手法といえる。その分、フォーカシングにはすでにそれに対応するものがあるわけである。

 フォーカシングで用いる言葉になるが「プレゼンス(理想のありかた)」や「ある特定の所に一体化している(部分化)」や「感じへの一体化」「感じについての感じ」などという捉え方をしていくことでセッションの様々な状況を乗り切っていける。

 特に「感じについての感じ」という概念は、内面への向き合い方のコツとしてとても役立つものである。例えば「悲しそうな自分がいるがなんか優しく見守れないです」とクライアントが言うとしたら「ではそのなんか優しく見守りにく辺りをまず見てみましょうか」などと、感じについての感じに適切に対応していける。またインナーセルフ療法は自己イメージ中心ではあるがフォーカシング的に関わることで自己イメージにこだわりすぎないで、その他の「からだの感覚」「感情的な特質」「生活への関わりまたは物語」などにも柔軟に対応していける。

 「寄り添い見守る」というフォーカシング的あり方がインナーセルフ療法の基本的態度ではあるが、時に、自己イメージとより良い関係を作れるように積極的に「抱きしめてみましょう」などとより強く働きかけることもいとわない。また「自由に思いつくままに(自己イメージと)係わってみてください」とクラアント自身にやりたいようにしてもらうこともある。

4,インナーセルフ療法の狙い「自己肯定感を高める」

 インナーセルフ療法の目標は自己肯定感を高めることにある。その狙うところは否定されたり受け容れがたい自己の一部やありのままの自己全体との関係改善である。インナーチャイルド療法でいえば「実際の幼少時代の自分」であり、ロジャーズのパーソナリティ理論なら「(理想的)自己概念から外れた部分」である。ユング心理学でいえば「生きてこなかった半面」ゲシュタルトセラピーでいえば「トップドックやアンダードック」に相当する。

 否定された自己の一部との再統合は心理療法の重要テーマであるが、その治癒過程を具体的にわかりやすく表現しているエピソードが東山紘久先生の『愛・孤独・出会い』という著書にある。インナーセルフ療法の狙うところともちょうど重なる話なので骨子をピックアップして紹介する。このエピソードには、はからずも先に述べたゲシュタルトセラピーも登場する。東山先生がユング心理学の影の概念で考えている場面もある。それに、そもそもエンカウンター・グループの推進者カール・ロジャーズはカウンセリングの創始者である。

 「愛・孤独・出会い」の本には東山先生がラ・ホイヤ・プログラムのエンカウンター・グループに参加した体験談がある。そのエンカウンター・グループのメンバーの中年女性ジェーンがセッションの中で、自分の中にある子どもっぽさについて今までの多くの失敗体験を話し、それに対してメンバーの一人がゲシュタルト・セラピィの技法を使って、子どもっぽいジエーンと対決してはどうかと提案した。

 ジェーンは子供っぽい部分のジェーン二世としてクッションを相手にロールをやったのであるが、その最後にジェーンは「お前とは訣別だ。私は一人で生きていく。おまえもどこへなりと行き、勝手に生きろ」とジェーン二世であるクッションを放り投げる。メンバーのみんなはジェーンの決意に拍手を送った。ファシリテーター(世話人)もその勇気を讃えた。ジェーンニ世のクッションはグループの真ん中に投げ捨てられたままで、次のメンバーの話に移っていった。

でも東山先生はジェーンがジェーン二世を切り捨てるだけでは問題の解決にはならないことが見えていた。本によれば「ジェーンの問題がジエーンニ世を切り捨てるだけではどうしようもないと感じていた。ジェーンニ世はジェーンの影であり、影を切り捨てただけでは問題の解決にはならないことは歴然としているからである。そのような理屈もあったが、何よりもグループの真ん中に捨てられたままのジェーン二世のクッションの寂しさが伝わってきた。次の人に話が進み始めた時に、先程あれほど元気だったジェーンがどことなく元気を失っているのも気にかかった。ファシリテーターの単純さに怒りを感じていた」とある。

 その後、東山先生は投げ捨てたクッションを拾って胸に抱き「お前はジエーンから嫌われて、今は捨てられてしまった。お前はジェーンを離れて生きてゆけるのか。お前はお前なりにジエーンを愛していたと私は思う。ジェーンはお前の意味を本当に分かっていないと私は感じる。お前とジエーンは一緒になって、生きていかねばならないように思う。二人して、それぞれの良さと欠点を克服して行かねばならないのではないか。相手にだけ欠点や責任を押しつけていたのでは、二人の持つ良さは生きてこないと私は思う」と独り言のように話し、しばらくジエーンニ世を抱きしめていたという。

 すると突然ジエーンが東山先生からジェーンニ世を奪い泣きながらジエーンニ世に詫び「私はお前の大切さを知っていながら、私の勝手でお前を捨てた。私はお前無しでは生きていけない。お前だってそうだ。今それが分かった。もう一生お前を見放さない。お前と二人で我々の人生を築いて、生き抜こう」とジエーンは長い間、働哭したのである。グループのみんなは自分たちの心に深く沈潜することができ。東山先生はジェーンニ世をジェーンに返せてホッとしたのである。

 ところで催眠療法に興味を持つクライアントはもう藁をもすがるような思いで、早急な変化を求めている人が多い。暗示でも何でも使って魔法のようにパッと良くなりたいのである。その来談したクライアントは東山先生のエピーソードにあるジェーンと同様に、自己の一部を否定している。理想的な自己象とありのままの自分とのギャップや比較から、そうでない部分をダメだと否定してしまっている。時にはそれが拡大して、ありのままの自己全体を否定するまでにも至っている。性悪説の上に立っているためありのままの自分を押し出して生きることができないのだ。

 催眠療法を望むクライアントは(暗示などによって)このダメな自分を理想的な自分へと変化させることが自信に繋がると思い来談するのである。レベルの低い催眠療法や心理療法ではその考えをそのまま後押しするのみになりがちである。クライアントの内にある認めがたい部分を強力な暗示によって排除する目的のみに催眠療法が用いられるのである。東山先生の事例で例えると、ジェーンがジェーン二世であるクッションを投げ捨て、メンバーのみんなが拍手を送った辺りまでで治療が終わってしまっているのである。

 ・・・だたジェーンがジェーン二世として、自己の一部(東山先生のいう影)を一度否定しきったからこそ、東山先生の働きかけをきっかけとして、ジェーンが新たに「私はお前無しでは生きていけない」などの自分の気持にハッキリ気づくことができた流れは見逃してはならない・・・

 心理療法では大雑把に分けると、今現在の自我をとにかく強化する方向と、今現在の自我を一旦ゆるめて自己の一部を再統合する方向の治療と二通りの道がある。とにかく自分を強く保って頑張って乗り越える。などというように自我をシッカリ強化することが必要な場合もある。

 でもオーソドックスな心理療法では東山先生の事例と同様に心理療法家の方は、クライアントが本当に良くなるためには否定していた部分を統合してもらわねばならないと思っている。クライアントは先に述べたように心理療法の初期には、自分の否定したくなる弱いところを無くして強くなりたいと思っているのでクラアントと心理療法家との間にかなりギャップがある。そこでクライアントにそのところの考え方を変えてもらうための体験として自らの内の自己像をまず見守ってもらおうとするのがインナーセルフ療法である。

 東山先生のグループ体験の事例でいうと、エンカウンター・グループの真ん中に投げ捨てられたままのジェーンニ世と同じ様に、クライアントの内界で打ち捨てられている自己の一部を探し出し、まず見守ってもらうのである。その後は、ジェーン二世であるクッションに東山先生が語りかけたこととそっくりな考えを提示したりもする。そして東山先生のそれに触発されてジェーン自身がとった行動のような展開がクライアントに生じてくるようにと願いながらセッションを進めていくのである。

 私がインナーセルフ療法を思いつくヒントになった若い女性クライアントの報告してくれた夢がある。彼女の夢に市松人形にそっくりな小さな少女が登場したが、気持ち悪くて嫌な感じだった。でもどこまでもついてこようとする。クライアントは夢の中で階段を登ったのだが、ずっと後をついてきていたその市松人形そっくりの小さな少女は階段を登れない。それでもなんとか階段を登って彼女に近づこうと苦労している。思わずその小さな少女を抱き上げたら、なんともいえない暖かい感じがした。と話してくれたのである。

 夢の中と現実(エンカウンター・グループ内)での違いがあるにもかかわらず、先に述べた東山先生の本にあるエンカウンター・グループでのジェーンの体験と、市松人形の夢を見たクライアントとの体験は大枠が重なっている。

 いつからこの手法をやり始めたのかよく覚えていないが、インナーセルフ療法的な関わリ方で自分の内面を見てもらおうとして、クライアントが目を閉じたらもうすぐに涙をこぼしはじめ、聞いても何で泣くのか解らない、とにかく泣けると言う人が少なくなかった。そのクライアントの姿に感動してこの心理技法を頻繁に用いるようになっていったのである。

5,インナーセルフ療法の進め方

 インナーセルフ療法は、クライアントに自分自身に適切な(他人をみる、観察する)距離感(親友に対するような)を持てるようになってもらうことを最重要な目標としている。実際のインナーセルフ療法のセッションに入る前に、このようなことをクライアントに説明するのがスタンダードなやり方である。

 これはフォーカシングの節で述べたフォーカシングの理想とするあり方を元にしている。この距離感はフォーカシングでいう「プレゼンス」の状態であって「見守り寄り添う」態度といえる。それによって自分を責めてしまう癖や常にそこに陥りがちなループからの脱却できるようになったり、自己否定や無価値観に至っている部分にインナーセルフ療法で向き合い救いだしたりもできる。それは自分で自分を癒やせるようになることでもある。

 セッションの際にはフォーカシングでいう「感じについての感じ」を見逃さないのが治療者側のコツである。アン・ワイザー・コーネルさんは「フォーカシングでは迫害者と被害者がいたらまず迫害者の方に同情を寄せる」といっているがそれは被害者を救わねばという価値観にこだわりすぎない内面への向かい方の良い例えである。パールズのゲシュタルトセラピーで言えばかわいそうなアンダードックの言い分だけでなく、トップドックの言い分もよく聞くということになる。

 クライアントにインナーセルフ療法を勧める時に指定イメージで「自分の中の(もう一人の)自分に会ってみましょう」などといって内的イメージを喚起してもらうようにする。丁寧にやる場合は前もって催眠誘導して、できるだけリアルで自律的なイメージが出現しやすくなるようにしておく。次にはそこに現れる自律的イメージの自然な展開に任せながら基本はフォーカシング関わりで順次対応していくのである。セルフイメージはできるだけリアルで自律的(勝手に動く)イメージが望ましい。でもそれにこだわるより、もっと大切なのは当人の今ここでの実感(気持ち)である。

 実際の指定イメージとしては、簡単にやる場合は「公園などに座っているともう一人の自分が向こうから近づいてくる」という指示をあたえたりもする。「地下室に降りていくと部屋があってそこにもう一人の自分がいる」というやり方は、先の章で述べた鶴光代先生が1992年に現代のエスプリの中に出された事例から思いついたやり方である。クライアントにより強く感情移入してもらいたい場合には丁寧に時間をかけてイメージリードすることもある。

 そしてまずはじめに自己イメージに向きあうような指定イメージをしたら、次にそれに対する態度を「今だけでも親友に接するような感じで」とか「良い悪いで判断しないでただよくわかってみようとしてみましょう」などとフォーカシングのプレゼンス的な態度でイメージと接してもらうようにする。

 また時には、カウンセリングの途中でクライアントの心に自己イメージが浮かんでいる場合やそれに近い感じのものがあることをクライアント自ら話題にする時がある。そんな時には、そこをもう少し見てみましょうかと提案してokなら閉眼してもらい「ではそこをよく見守ってみましょう」とリードしたりもする。また時にはフォーカシングの途中などでも、ある感じに対して「物事をその人なりに受け止めている辺り」を人格的にイメージ化した方が役立ちそうに思えた場合などに、それを提案してインナーセルフ療法的に関わっていったりもする。

 指定イメージの例としては「地下室に入ってみよう」「ベンチで腰掛けているともうひとりの自分が近づいてくる」クライアントが内的な部分を話題にしたら「自分の体の中にそれがあると思ったらどこらへんにありそうですか」「どんな雰囲気のイメージでそこに居るか見てみましょうか」など。部屋の中なら「部屋のどのあたりに居そうか」「どんな気持ちで居るみたいか」「姿勢や顔つき目つきはどんな感じか」などを聞いていく。「どんな思いでいるのか、わかろうとしてみましょうか」「(彼、彼女が)何か言うとしたら何て言いそうか聞いてみる感じで」「じっと見守って感じ取ってみましょう」などがある。

 また距離感はとても大切で「どれくらい近づけそうか」「近づいても大丈夫そうか」「背中を擦ったり抱きしめたりできそうか」などは忘れないで聞いて確認し、クライアントとインナーセルフとの距離感を見極める。「寄り添うような距離に近づいてみて」「背中を撫でたりさすったりしてみて」「手を握ったり、できそうだったら抱きしめてみては」などと提案する場合もある。

6,考察

 インナーセルフのイメージ展開にはよく登場する共通したイメージが見いだせる。否定的イメージでは、体育座りしている。うつむいてる。顔が見えない。など。接しているうちにそれらが変化した時の肯定的なイメージでは、笑ってきた。落ち着いてきた。など。また近寄れない。触れない。距離を取りたがっている。などもよく登場する。

 その人が内面とどれだけの距離にあるかを現れるイメージの感じから計ることができる。地下の部屋に降りてみたが誰もいない。などはまだ直に向き合える状態ではないと推測できる。また近寄れない。見守ろうとしても批判的な部分があってそうできない。など、すんなりとはいかない感じが見て取れる。内的自己像と自我意識との距離感(内界に対する距離感)が把握できることでインナーセルフ療法に限らず心理療法としての困難さなども推測できる。

 他に距離感の具体例としては、近寄れない。部屋にいない。隣の部屋にいそう。どこかに隠れていそう。部屋に居なかったのに部屋を去る段になって名残惜しい感じがしてきた。影のようなイメージ。距離を取りたがっている。触れたり抱きしめたりはできない。などがある。

 自己像と向き合うことはクライアント自らへの気づきの大きなきっかけとなる。インナーセルフ体験をしてもらうことでクライアントが今まで無意識的で気づかなかった部分や否定していた部分を知ることができる。またセッション直後の話し合いで自分の内面をそれまで以上に掘り下げることができるようになる。

 インナーセルフ療法の短所としては、やはり指示的な心理技法の部類に入るので、クライアント自身の気持ちの流れやペースをねじ曲げてしまう危険性がある。ギリギリいっぱいの自分に向き合うことも容易でないクライアントに用いることはできないし、そうでないクライアントでもカウンセラーからの働きかけが多くなることで「わかってもらえた」という感じがしなくなる場合もある。またフォーカシング技法が未熟だと自律的イメージが出現、展開しにくい場合に対処ができなくて行き詰まってしまう。インナーセルフ療法だけでなく閉眼しての心理セッション全てに言えることだが、間のとり方のコツを会得するのが難しい。などがある。

★インナーセルフ療法を体験してみたい方は『横浜心身健康センター 伊勢佐心理療法室にお問い合わせ』ください。『催眠セミナー』で体験学習することもできます。

★参考文献:『インナーチャイルド―本当のあなたを取り戻す方法』 『愛・孤独・出会い』 『フォーカシング・ニューマニュアル―フォーカシングを学ぶ人とコンパニオンのために』