プロフィール

野田 長生(横浜心身健康センター 所長)

 昭和26年高知県吾川郡いの町の山村に生まれ。追手前高校卒。高校卒業後は大阪の工具関連の商事会社に勤めその後東京支店に転勤。都会の中で劣等感と自分の無力さを痛感する。25歳のころ高校時代から興味を持っていた催眠を会得すれば自分の能力開発ができるのではと思い立って守部催眠教室で催眠を学ぶ。28歳で守部催眠教室に就職してクライエントの催眠療法に従事するようになる。しかし催眠療法だけでは治療効果が限られてしまうことで行き詰まり模索する中、全日本カウンセリング協議会でカウンセリングを学ぶ。

田舎の山 30才の頃「自分はずっと魂(心)の事をやって行こう」と決心する。その後、心理療法のカウンセリングや箱庭療法、ユング心理学を学ぶ。また、心理療法は理論も大切だが実体験の方がより大切と思って、自己研鑽のためにエンカウンターグループ、フォーカシング、ゲシュタルトセラピー、ヨガ、野口体操、禅など心身相関に関してや今ここ(Here and Now)を重視するなどの基本に共通の哲学があるものを体験学習する。

 催眠療法の次に学んだカウンセリングは非指示的療法といわれることもあるように、催眠療法とは正反対に位置する心理技法である。心理面接をする際、指示的な催眠療法とロジャーズの非指示的なカウンセリングとを区別して行うようにしたが、その対極の狭間で収まりがつかなかったり混乱することがしばしばあった。その後、カウンセリングから派生したフォーカシングを学ぶ。そのフォーカシングと催眠療法がとてもマッチングしたことでようやくひとつのまとまりを持った心理面接スタイルが確立するに至る。

★参考ブログ:『心身一如-臨床心理学から仏教修行まで-
★心理療法室:『横浜心身健康センター伊勢佐心理療法室