「催眠療法」カテゴリーアーカイブ

催眠療法の長所

 現代人の問題は思考過剰からくる。何ごとも理性や自我意識で、うまくコントロールしようとし過ぎて身体のペースと噛み合わなくなってしまっているのである。行動する時に至ってさえも、いろいろ考え計らいすぎて心がまとまっていない。そんな状態では、ひと方向にしか動けない身体は身動き取れなくて固まるしかない。このような心身のバラバラ状態を統一するのに催眠体験が非常に有効なのである。ここにあげる催眠療法の四つの長所のうち三つまでがこの意識優先の動きを制して心身一如となれることからくる長所である。

 催眠の長所、それはまず『催眠に入るだけで深いリラクゼーションが得られる』点である。深い催眠状態になるには、できるだけ我を忘れることが必須となる。そのようにとにかく余計なことを考えないでいればそれにつれて心身は自然に深いリラクゼーションに入れるようになるのである。お酒を飲んでうまく酔っ払い、自意識を麻痺させて自己解放できるのと同じである。そこではさまざまな自己調整作用が、お酒を飲んで酔っ払った時よりもずっとうまく働くようになる。

 もうひとつは催眠を適切に体験すると『心身一如のコツを会得することができる』点である。私が催眠によってイメージトレーニングを手伝ったある楽器演奏者は、催眠状態において演奏のイメージトレーニングをしたさいに音楽に溶け込んで音楽を楽しんで演奏できた感じがした。彼女はそれまで長い間、演奏しようとするとある不安が高じてくるので、充分な演奏ができなくなるという悩みで苦しんでいた。彼女自身のいろいろな工夫の積み重ねもあってのことだが、このイメージトレーニング体験を最後のきっかけとして、その悩みを乗り越えることができたのである。

 また、ピアノの発表会であがってしまう恐怖で来談したピアノの先生がいた。カウンセ リングで話を聞いていると、彼女はとてもピアノが好きで子供時代から親しんだピアノは、彼女の大きな支えであったことがわかった。そこで、ピアノと触れ合っている場面を催眠状態の中でイメージしてもらい、そしてその中で子供の頃から親しんできたピアノに触れる喜びや楽しさなどをあらためて感じてもらうようにリードした。そしてピアノと一体になるようなイメージトレーニングを行った。彼女はその後、自宅に帰ってピアノを弾いたら「心からピアノが好きだ」という思いが込み上げて、涙が止まらなったと言っていた。この体験によって彼女は、自分の演奏を人がどう思うかなどにとらわれないでいられる、最も大切なもの。ピアノという味方と一体になって音楽に没頭できる喜びを会得できたのである。

 この二人は、ただイメージトレーニングをしただけでない。それよりも我を忘れて音楽や楽器への感情移入を強くできたことが良かったのである。我を忘れて物事に没入すれば、周りを気にしたりうまくやらねばなどと思う、こだわりや計らいなどの思念が働く余地がなくなるのだ。それによってのびのびと楽器の演奏と音楽を楽しむことができるのである。このような心身一如となるコツは自分一人ではなかなか得難い。信頼できる催眠誘導者などにリードしてもらい体験学習すればそれが会得可能である。

 三つめはこれは心理療法としての催眠療法の良さである。催眠に深く入れば入るほどに、意識的な思考活動などが収まり、イメージがリアルになるし自律的なイメージも出やすくなる。この『リアルイメージや自律的なイメージ』は心理療法にとってとても役立つものとなる。そこには視覚イメージだけでなくさまざまな感情や感覚が付随している。それが特に心の治療に役立つのである。それは無意識からの強いメッセージとして受け止められるものとなる。催眠で体験するイメージはそれが強くなればなるほど夢に近くなる。

 夢分析の心理療法もあるが、それがなぜ有効かと言えば夢が自らの内からの強力なメッセージとしての説得力を持つからである。例えば他人から説得された場合は、いくら自分にとって良いことでも納得できないことは多い。ところが自分の内面から意識に向けてくる夢は、あきらかに自分の中からのメッセージである。そのなかでもリアルすぎるくらいに感情を豊富に伴った夢はこちらも真摯に受け止めざるを得なくなる。それと同じように催眠状態の中で動き出すリアルな自律的イメージも当人に対するインパクトは強い。また、そんな自律的イメージに向き合いそれと適切な距離を持てるように工夫していくことも心理療法として、とても役立つものである。

 後ひとつ催眠療法の良いところは、日常と非日常をきちんと区別できる点である。カウンセリングの心理面接では、深い話が出た場合などに、カウンセリングが終わってからクライアントの中でおさまりがつかなくなる場合がある。そこでカウンセリングを終えた別れ際に、カウンセラーは日常的な話題を持ち出して少し話し合ってから帰ってもらうようにする場合もある。それによって、それとなく心の切り替えをしてもらうような配慮をしなければならないのだ。

 でも催眠を用いた心理療法には元々覚醒暗示がある。それにより催眠療法は、催眠状態にある時と覚醒して催眠から覚た時との区別がはっきりする。この点が心理療法の守りとして役立つのである。心理療法にはしっかりした枠組みが必要である。その守られた枠組みがあるからこそ、それまで受け止めかねていたものを安心して出すことができる。また出したり閉じたり両方がきちんとできないと、アクティングアウトなどと言われるような心理面接場面以外での行動化がひどくなる危険性がある。催眠療法では催眠を終わるさいにしっかりとした覚醒暗示を用いることによって、心理面接全体を終える手前にもう一段区切りをつけて守りを強くすることができるのである。

★参考ページ:『催眠療法とはどのようなものか その長所と短所』『催眠を見抜

フォーカシング式催眠療法

 ここで述べる中で、既存の催眠療法への反省の部分は「新しい催眠療法に向けて」のところで述べた、催眠療法への反省の辺りと少し重複がある。とても大事なところであるので、ここでは違った視点からより突っ込んで述べてみる。

 「フォーカシング式催眠療法」とは私が勝手にフォーカシングと催眠療法をくっつけて名付けたものである。なにもわざわざフォーカシングと催眠療法をくっつけなくても良いのではと思われるかもしれない。確かにフォーカシングの方はそれ自体で完結している心理技法である。おまけにフォーカシングはロジャーズのカウンセリングから派生したものであるので、バックボーンにカウンセリングの思想があってそれに支えられている。あえて催眠療法など付け加える必要は全くない。

 ところが催眠療法の方は、現代人の心の治療(心理療法)として用いようとする時、心理療法として成り立たない場合が多いのである。なぜかというと、人の心を治療したり成長させようとする心理技法には、こうあるべきという心のあり方や、成熟した人間としての目標(理想)像が必要である。例えばロジャーズの始めたカウンセリングならカウンセラーは「人は全体として自ら成長、健康、適応への衝動を持っているはずである」ということを信じてカウンセリングの場に臨んでいる。また箱庭療法を用いる心理療法家は「母子一体のような、自由で保護された空間でクライアントは自然治癒力を発動させていく」という理念と態度で箱庭療法を用いている。

 催眠療法にはそのような基本理念がない。催眠は「人を、我を忘れて誘導者がリードする暗示やイメージの世界に導いていくテクニック」だけでしかない。それは例えば、とても便利な道具である刃物が扱う人間次第で時に、人を殺める凶器になるのと同じ危険性がある。それで心理療法家として人間性が疑われるような人物でも催眠の技法をマスターすれば、催眠療法士となって催眠療法を行えてしまうのである。他の心理技法を学ぶ場合、そうはなりにくい。なぜなら先に述べたカウンセリングや箱庭療法の場合などは、その技法と基本理念や人間観がくっついているので、技法を学んでいけば援助的人間としても成長していけるからである。

 もう一つ、催眠療法には弱点がある。それは催眠療法を学ぶだけでは、心理療法を行う際の難題である、援助的人間関係のやり方が会得できない点である。催眠療法の始祖といわれる精神科医メスメルが使い始めた「ラポール」という、クライアントが治療者によせる信頼を表す言葉が今でも残っている位で、その他は無いに等しい。19世紀後半に、フロイトの先輩精神科医だった、ヨゼフ・ブロイアーが催眠療法を行ったアンナ・Oの症例はあまりにも有名である。けれどもブロイアーの援助的人間関係のスキルは稚拙であった。そのためブロイアーの子供を想像妊娠までしてしまったアンナ・Oをブロイアーは受け止めかねて、治療を中断してしまったのである。

 今現在でも、ブロイアーのようにクライアントを抱えきれなくなって見放ししまい、クライアントが深く傷ついてしまう事例が見受けられる。これはなにも催眠療法だけに限らず他の心理療法でも起こっている。しかし今まで鑑みてきたように援助的人間関係のスキルが確立していない催眠療法では特にその危険性が高いのである。

 催眠療法が始まった過去から現代に至るまで、催眠は自我優先の考え方をバックボーンにしてきた「催眠状態に導いて、人や、その潜在意識をこちらから思い通りに操作していけば良くなっていく」と考えて、それと一体化して催眠を用いてきたのである。けれどもそれは現代人の心性にはそぐわない。(・・・大学などの催眠研究では民主的やり方にのっとった方法が工夫はされては来た。しかし自主性を重んじ過ぎて今度は逆に、被催眠者への介入が充分でき得ないきらいがある。

 また催眠状態は日常によくある心理状態のひとつ(我を忘れた状態)であるのに、それを科学的にと理論を優先したために「変性意識」などという堅苦しい言葉で定義づけてしまった。これでは、それを聞いた誰もが「催眠に入るとよほど特別な変な状態になるのかしら、、」などと、実体験と解離した思い込みを作ってしまいかねない・・・)

 心理療法はクライアントの自然治癒力ができる限りいっぱいに働くよう援助することが基本であるが、その具体的な治療目標は二ヶ所となる。一つはその症状や問題自体の解決である。二つ目は、クライアントのそうなりやすい性格や癖となっている部分の変化である。

 心理面接では一時的にだが、時に、全てを治療者に任せてもらって(催眠などで)クライアントを強くリードし、深いリラクゼーションに導くことが治療的にとても役立つ場合がある。クライアントが自分を治療者に委ねることによって自己解放され、自然治癒力の働きが活発になるのである。しかしそれだけでは本格的な心理療法とはならない。二つ目の、性格や癖となっている部分へのアプローチが残されている。ところが催眠療法では、我(自我意識)を忘させるテクニックを用いるために、その性格や癖となっている部分のある自我内へのアプローチが盲点となる。

 これらの催眠療法の欠点を補うのにはフォーカシングが最適である。フォーカシングはとてもオープンマインドで、現在においても先がけ的な思想を持っている。創始者であるユージン・ジェンドリンは心理学者であって哲学者でもある。実践的に優れた心理技法でありながら、かつ、その基本には人の心に関するとてもステキな哲学も持っているのだ。

 おまけにフォーカシングは先に述べたロジャーズのカウンセリングから派生したものでもあるので「人は全体として自ら成長、健康、適応への衝動を持っているはずである」というカウンセリングの基本理念も含んでいる。(・・・実はフォーカシングだけでは、援助的人間関係のスキルの部分がちょっと弱い。催眠プラス、フォーカシングプラス、援助的人間関係のスキル、という三本柱が揃ってようやく催眠療法が本格的な心理療法として成り立つ・・・)

 私自身の経験であるが、催眠療法をまず学んで、次にその正反対とも言えるロジャーズのカウンセングを学んだ。すると指示的な催眠療法と非指示的ともいわれるカウンセリングとの狭間で収まりがつかなかったり、混乱することもしばしばであった。もちろんそれは、その両方ともに私の技能が未熟であったからではある。

 でも、催眠とフォーカシングを併用するようになってからはおもしろいくらいに、その狭間を埋めることができるようになった。また先に述べた心理療法の治療目標である「症状や問題自体の解決」と「そうなりやすい性格や癖となっている部分」の両方へのアプローチが催眠療法の中においても可能となったのである。

参考ホームページ : 『日本フォーカシング協会